HOME ダイビング初心者 はじめての方へ ダイビングCLUB-IS 会員の方へ 各種サービス・販売商品のご案内 ABOUT US・アイランダーについて 各種お問い合わせ・資料請求 東京渋谷のアイランダー青山
HOMEダイビングツアー報告2004 >奄美大島3日間
ダイビングツアー報告2004

« 雲見ボート

井田かるがも2ビーチ »

奄美大島3日間

アイランダー恒例の奄美大島ツアーです。

今回のメンバーは6月に海況不良の為に悔しい思いをしたメンバーの方々が中心となりました。

『リベンジ!!』それが合言葉のようです。

この気持ちを裏切るわけには行きません!!

■到着・1日目

「着陸態勢にはいります」アナウンスと共に見下ろした海は、波ひとつない鏡のような海面です。

自然に顔がほころびます(⌒-⌒*)

飛行機から降りると気持ちの良い青空が広がっていました。早くも半袖でやる気モード全開です。

『東京はあんなに寒かったのに・・・』

空港からホテルまでは30分程度。

早く海に入りたいとはやる気持ちを押さえ、しばし景色を堪能しました。海はやっぱり穏やかです。
到着後、昼食を済ませ早速ダイビングの開始です。

【1本目・倉崎ビーチ】 

ホテルの目の前に広がる広大なビーチポイントを潜ります。

まずは軽くチェックダイブ 

透明度バツグン 20メートル位は楽に抜けています。

そして、とにかく魚が多い。

最高のヒーリングダイブが堪能できました。
『最初から、こんなに素晴らしく良いの??この後もつ?? 最近、不信気味です・・・笑・・』

【2本目・ピアテグリ】

ここのポイントはなんと言っても“ニシキテグリ”です。

バディチェック抜かりなし。エントリーです。

『おーーー。見えない』

もともと透明度はあまり期待を出来ないポイントですが倉崎のイメージをもったまま入ってしまったのでギャップが大きく余計そう感じてしまいました。

でも、皆さんさすがですね。透明度の悪い海の楽しみ方もちゃんと知ってる・・・。

あまり移動はせずに、じっくりと生物を探しました。残念ながらニシキテグリは全員が見る事は出来ませんでした。(すぐに珊瑚に隠れてしまう魚です)

やはり透明度の良くない海は疲れるのですね。

みなさん、ちょっと疲労モードです。

水面休息を長めにとりナイトダイビングへ!!

【3本目・倉崎ビーチ ☆ナイトダイビング☆】

ナイトダイビングは、なんでこんなにドキドキするのでしょう・・・。

『何が出るかな♪何が出るかな♪』

ライトに照らされる海中は神秘的です。

寝ている魚、日中とは色が変わる魚、夜になると活動する夜行性の魚、見たこともない生物・・・。

ブリーフィングでは「今日はやりません」と宣言した“夜光虫”を敢行!!

しかも長めに・・・水中での皆さんの表情が印象的でした。( ̄ー ̄;)ニヤリッ

でも、やっぱりナイトにはかかせないかな。キレイです“夜光虫”

少し寒さを感じるナイトとしては長めの50分DIVE。

満足♪ 

奄美のもうひとつのお楽しみ!!お待ちかねの夕食です。

今日は洋食のコースです。

誰もが納得の美味さ。出される料理全てに「これ美味しいね〜!!」と感嘆の声。

“ダイビングに美味しい食事、最高に幸せなひとときです”

明日は早朝からダイビング予定。
お酒も今日は控えめにし、ログ付けもサクサクッと・・・。

明日も万全の体調で臨もうと早目の解散です。

■無制限ダイブ・2日目

 

【4本目・倉崎ビーチ ◇早朝ダイビング◇】

早起きは辛いけどエキジット後は、がんばって起きて良かったと思えるのが早朝DIVE。

今日の早朝ダイブの目的は“ツバメウオの群れ”狙いです。

情報によると、30匹くらいが群れているとか・・・。『何としても見たい♪』

距離が少しあること、目印となるものが途中に何もないこと・・・難しいナビゲーションになりそうです。

「さて、Tーフ腕の見せ所ですよ!」てな感じで運命共同体宣言!

泳ぐ、泳ぐ、途中には誘惑がいっぱいあるのですが取り敢えず先を目指しました。

結構泳いだ。何か似たような景色になってきた・・・。
『まだかな〜。はずしたかな〜』とTーフの表情に翳りが見えた始めた頃・・・・。


もしや!!あのシルエットは!!

あれだーーーーーーーーーーーー!!

ほぼ同時に皆さんの目にも飛び込んできた様子。

『いるいる・・・沢山泳いでる。感動・・・・(><)』

優雅に泳ぐその姿にうっとり、しばし時間を忘れて、まさに陶酔。

でもここは海の中。限られた時間でしか遊べません。もっと眺めていたいと後ろ髪ひかれながらエキジットに向かいます。『Tーフでかした!!』と歓喜したみなさんにTーフもひと安心です。

(個人的には今回の奄美でのベストDIVEでした☆)

【5本目・大仏サンゴ/6本目・ハナゴイ】

さてさて朝食後は大型クルーザを貸切りボートダイビングに出発です。

豪快な大仏サンゴの上には奄美の固有種“ハナゴイ”が群れていて目を楽しませてくれました。

一方のハナゴイは、印象的な真っ白な砂地に沢山の種類の珊瑚が見られ、これぞ南国!!といった感じです。大好きなポイントのひとつになりました。船長さん曰くここの白砂は粒子が粗いので他のポイントより砂が白くてキレイとの事でした。

昼食をとり、「さてどうします??」とみなさんへ聞くと「もう1回ツバメウオみたい!」との事。

よし行きましょう!!

【7本目・倉崎ビーチ】

4本目でツバメウオの根に見事に到達したのに気を良くし「よし!今度は最短距離を行きましょう!」と違うポイントからエントリー開始です。し・か・し・・・・探せど探せどツバメウオの根が見つかりません。透明度もかなり落ちてしまいました。結局、泣く泣くあきらめてエキジットです。

これでダイビング終了予定でしたが、みなさん悔しそう・・・。
コンピューターを見るとまだ余裕もあります。

「もう1本行きましょうか??」

そんなこんなで本日5本目のダイビングへ!!

【8本目・倉崎ビーチ】

やはりツバメウオ狙い!!でも皆さんの疲労度も心配・・・。足取りが(〜 ̄∇)〜 ヨロヨロ 〜(∇ ̄〜)

やはり最短距離を行くことに決定!!

しかし、エントリーをするとさらに透明度が落ちています。無理は出来ません。

ツバメウオ探しもほどほどにエキジットとなりました。

さすがに、疲れた・・・。

明日はダイビングもないので、「飲むぞーーー」と夕食タイム。

今日は和食です。美味しい食事にお酒もすすみます。

飲み足らずボトルをお部屋に持ち帰り。

ログ付けは本数も多く人数も多いので最後はやっつけ気味です・・・(笑)

そして、明日のジュース代をかけて“ジャンガ大会”

みなさん軽く酔っ払っているのに、イヤ酔っ払っていた方が良いのか・・・なかなか勝負がつきません。

記録更新です。結局、負けは「つよしさん」「ひっきー」「まえくみ」の3人です。

さすがに身体も疲れているので眠くなってきました。

ぐっすり眠れそうです。

か・い・さ・ん〜。☆おやすみなさい☆

最終日は、お決まりのマングローブカヌーへ!!

奄美が3回目のTっちは、心の中で『またカヌー・・・』と思ったかどうかは定かではないですが、やっぱり奄美に来たからにはずせないです!!

私達がカヌーで遊び終わるのを待ってくれていたかのように、その後は出発まで雨が降り続きました・・・。

3日間(ダイビング2日間)で、潜りに潜った8本!!

取りあえずリベンジ成功!! 

来年はツバメウオのリベンジ・・・?です。

全てに於いて楽しかった3日間、お腹が痛くなるくらい笑いました。

参加頂いた皆様、ありがとうございました。

20041105_01.jpg



【参加メンバー:北田毅様・北田薫様・久保田光様・土佐昌巳様・横田繁様・水野成雄様・松井創・前田久美)

ツアーお申込み(お名前以外は任意です)

【お申込みツアー(URL)】
奄美大島3日間
http://www.islander.co.jp/tour/2004/2004/11/3.html

【お名前】 あだ名でもOK!


【email】 パソコンから届くアドレス


【tel】 当日のご連絡先

【コメント欄】 確認事項など何でもどうぞ

【ご注意】
一般に公開されませんので安心してお申込み下さい

« 雲見ボート

井田かるがも2ビーチ »

カレンダー
2017年04月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
最新のツアー報告 年別のツアー報告 月別のツアー報告 カテゴリー
FROM ISLNDER(フロムアイランダー)
が更新されたらお知らせします!!
↓発射ボタン
メールを受け取る
最新情報⇔双方向