HOME ダイビング初心者 はじめての方へ ダイビングCLUB-IS 会員の方へ 各種サービス・販売商品のご案内 ABOUT US・アイランダーについて 各種お問い合わせ・資料請求 東京渋谷のアイランダー青山

レスキュー・ダイバー・コース -RESCUE DIVER COURSE-

ライセンス取得コースのイメージ

「いざというとき、頼れるバディになる」

PADIレスキュー・ダイバー・コースはさまざまなテキニックでダイビングの緊急事態を予防・回避し、 必要な場合にはそれに対処できるように準備します。
万一のトラブルもレスキューでたのもしいダイバーに変身

レスキュー・ダイバー・コース

RESCUE DIVER COURSE

ライセンスカード
▼受講資格
PADIアドヴァンスド・ダイバー以上又は同等の他団体Cカード
▼講習内容
学科試験+海洋実習5ダイブ。計2日間以上
▼コース習得後
  • トラブルを未然に防ぐ能力がつく
  • 緊急時の応急処理法が身につく
  • 負傷 したダイバーの救助や、事故時の救命方法が身につく
  • 水中捜索方法がマスターできる
  • 自分自身の安全性が高まる

レスキュー・ダイバー・コースの趣旨

ライセンス取得コースのイメージ

大自然を相手に遊ぶレジャースポーツでは、特にダイビングやスノーケリングはときとして予想外のアクシンデントに 遭遇する場合もあります。
それらは、実際にはほんのささいなことがキッカケで大きなトラブルにつながるケースが多いです。

たとえば、
スキンダイビングをしていて浮上時に水を飲んでしまい水面であわててしまったり、
エントリー時や水中移動時にスクーバダイビング器材をひっかけて身動きがとれなくなってしまったり、
といった、落ち着いて対処すればすぐに解消できる小さなトラブルが原因となって一瞬にしてストレスから不安、 パニックへと拡大していってしまいます。

こうしたトラブルが発生しても、すぐに対処できる知識をそなえるとともに、トラブルを未然に防ぐ能力を身につけ、 さらに万一の事故の際の救命方法までを学ぶのが、レスキュー・コースです。
実際の講習では、疲労したダイバーや負傷したダイバーの救助方法、水面アシストの方法、陸上での搬送方法、 応急処置、救急の場合の速やかな通報の仕方、水中捜索方法など現実に役立つ知識をトータルに習います。

たとえば救助法ひとつをとっても、救助を必要としているダイバーの精神面、状況、救助場所、環境の違いなどで その方法は変わってきますが、講習では、ビーチの場合、ボートの場合などのパターンを想定して、適切な方法を シミュレーション形式でひとつひとつマスターしていきます。
レスキュー・コースを受講することは、他のダイバーを救助できるテクニックが身につくばかりでなく、同時に 自分自身のダイビングスキルアップが図れ、さらにはセイフティ度も格段に向上することになります。
バディがレスキュー経験を持つ経験豊富なダイバーであれば、より安全性の高いダイビングが安心して楽しめることは 間違いと言えるでしょう。

また、レスキュー・ダイバー・コースは、ダイブマスター・コースなどPADIプロフェッショナル・ダイバーへの ステップアップにも不可欠なコースです。

前のページに戻る